こんにちは、わしだです。

今日は東洋医学の価値について、です。

さて、東洋医学の良さとは一体何でしょうか。

もちろん医学ですので、病気を治す、痛みを取る、元気にする、健康を維持する、という目的があり ...

ゴールデンウィーク中の休診のお知らせです。

5月3日(月)、4日(火)は休診とさせていただきます。その他は通常通り診療いたします。

こんにちは、わしだです。

「東洋医学とは何か?」をまとめています。

前回、いのち(6)の続きです。

今回は、東洋医学において、人の生命がどのように理解されているのか、をみていきます。

そ ...

黄帝曰く、経脈十二なる者は、別れて五行と為り、分かれて四時と為る。何ぞ失いて乱れ、何ぞ得て治まる。

岐伯曰く、五行に序あり、四時に分あり。相順したがえば則ち治まり、相逆らえば則ち乱る。

黄帝曰く、何をか相順と謂 ...

黄帝問いて曰く、〜中略〜 余願わくは、邪気の経に在るや、其の人を病ましむることいかにして、これを取ることいかなるかを聞かん。

岐伯対えて曰く、夫れ聖人の度数を起こすや、必ず天地に応ず。故に天に宿度あり、地に経水あり、人に経 ...

本ブログの【古典】カテゴリーでは、主に鍼灸のバイブルといわれる今から2000年ほど前に書かれた『黄帝内経』という書物を中心に、テーマ別に整理しています。専門的な内容にはなりますが、興味を持たれた方にとって東洋思想(東洋医学)の世界観を ...

黄帝曰く、寒温和適し、腠理開かざるあり。然れども卒かに病む者あり。其の故なんぞや。

少師答えて曰く、帝は邪の入るを知らざるか。平居すと雖も、其の腠理の開閉緩急、其れ故より常に時あるなり。

黄帝曰く、聞くことを得 ...

天人合一思想に関する古典の記述です。

黄帝曰く、夫れ古より天に通ずる者は、生の本もて、陰陽に本づく。天地の間、六合の内、其の気、九州、九竅、五蔵、十二節、皆天気に通ず。其れ五を生じ、其の気、三なり。数しば此れを犯す者は、則 ...

天人合一思想に関する古典の記述です。

黄帝、伯高に問いて曰く、願わくは聞かん、人の肢節、以て天地に応ずるはいかん。

伯高答えて曰く、天は円く地は方なり、人の頭は円く足は方にして以てこれに応ず。天に日月あり、人に ...

こんにちは、わしだです。

「東洋医学とは何か?」をまとめています。

前回、いのち(5)の続きです。

今回は、気の思想、陰陽思想、天人合一思想に続いて、

陰陽五行思想のうちの五行思想につい ...