黄帝曰く、経脈十二なる者は、別れて五行と為り、分かれて四時と為る。何ぞ失いて乱れ、何ぞ得て治まる。

岐伯曰く、五行に序あり、四時に分あり。相順したがえば則ち治まり、相逆らえば則ち乱る。

黄帝曰く、何をか相順と謂 ...

天人合一思想に関する古典の記述です。

黄帝曰く、夫れ古より天に通ずる者は、生の本もて、陰陽に本づく。天地の間、六合の内、其の気、九州、九竅、五蔵、十二節、皆天気に通ず。其れ五を生じ、其の気、三なり。数しば此れを犯す者は、則 ...